フォトグラファーさわさわのぉ自撮り撮影~!!, 片瀬白田

フォトグラファーさわさわが、伊豆急リゾート21の黒船電車ロイヤルボックスでぇちょこっとおでかけぇ~!

フォトグラファーSawaSawaだよぉ~~~~~~ん!

きょうわ きょうわ きょうわぁ、、、

伊豆急行のぉ黒船電車「ロイヤルボックス」に、、

乗車しまぁ~~~すぅ~~!!!

わぁ~お~~~~~~~~~!!!!!

 


さわさわの飾り


伊豆急行のリゾート21黒船電車のロイヤルボックスに乗車前のさわさわの自撮り写真、わぁーーー!伊豆急下田駅にて

わぁ! 黒船電車だぁ!!

伊豆急行のリゾート21黒船電車のロイヤルボックスに乗車前のさわさわの自撮り写真、わぁ!伊豆急下田駅にて

わぁ!

 

伊豆急行のリゾート21黒船電車のロイヤルボックスに乗車前のさわさわの自撮り写真、わぁ!伊豆急下田駅にて

わぁ!!

 

伊豆急行のリゾート21黒船電車のロイヤルボックスに乗車前のさわさわの自撮り写真、えへ!伊豆急下田駅にて

わぁ~~~~~~~!!!
黒船電車のぉロイヤルボックスだぁ~~~~~!!!!!

 

伊豆急行のリゾート21黒船電車のロイヤルボックスに乗車前のさわさわの自撮り写真、えへ!伊豆急下田駅にて

ヒヒィ~~~~~

 

伊豆急行のリゾート21黒船電車のロイヤルボックスに乗車中のさわさわの自撮り写真、わぁ!東伊豆町片瀬白田海岸通過中

わぁ~~~~~~~
のってます のってますぅ、、、
伊豆急スーパーグリーン車、、ロイヤルボックスぅ~~~~~~!!!

 

伊豆急行のリゾート21黒船電車のロイヤルボックスに乗車中のさわさわの自撮り写真、おーーー!東伊豆町片瀬白田海岸通過中

お~~~~~~~~ 海だぁ~~~~~
東伊豆町のぉ、、、片瀬白田海岸ですぅ~~~~~~!!

 

© SawaSawa Photography

 

撮影データ

撮影日: 8月18日(今年ではありません)

カメラ: iPhone6 Plus

レンズ: スマホにポツンと一つだけの標準装備のレンズ

電車:伊豆急行 リゾート21 黒船電車 夏の間だけ特別連結されたロイヤルボックス

撮影地:伊豆急下田駅、伊豆急線内の片瀬白田ー稲取間の片瀬白田駅南側の海岸線。海は、相模湾です。
この片瀬白田駅の南側は、美しい伊豆半島の海岸線を走行します。この場所は、伊豆急線内で最も景色が美しい場所で、いつも伊豆急行やJR東日本のポスターになったりする、鉄道有名撮影地です。
 鉄ちゃん(鉄道マニア)さんも、よく撮影していますよ。伊豆急電車の有名撮影スポットのようですよ。
 海岸線は、砂浜ではなく、ごろごろ石ちゃん海岸ですぅ~

自撮り棒について:自撮り棒は、たいへんめんどうなBluetooth接続のものではなく、確実で使いやすい配線接続タイプを使用します。また、自撮り棒は、壊れやすいです。必ず予備で、もう一つ持っていきましょう~。。
 自撮り棒は、長さ1mのものを使用しています。自撮り棒はいろいろ買いましたが、一番使いやすくて、いつも使用することになったものは、意外にも、100円ショップダイソーで買った、200円か300円かだった接続配線付きものです。なんとなんとぉ、これも長めの1mなのですぅ~。
 70㎝の自撮り棒は、短すぎます。

画像処理ソフト: Apple iPhoneのiOSに最初からインストールされている、付属のアプリ(アプリケーション)の、Apple社のiPhone標準アプリ「写真」(Apple iPhones "Photos" in iOS

カップ&ソーサー:ライヒェンバッハ(ライヘンバッハ/Reichenbach)/Made in Germany ドイツ製

ピルケース:リモージュキャッスル(Limoges Castle)/Made in France フランス製

ファッションアイテム : 筋肉!

画像処理のコツ ー Apple iPhone iOSに標準装備のアプリ「写真」(Apple iPhones Application "Photos" in iOS ) ー

■ まずは「カラー」(Color)の項目で、
1. キャスト(Cast)別名 - 色温度(Color Temperature): 限界近くまで上げる(About up to the limit)
 こちらは、限界までめいいっぱい上げると、肌色が赤くなりすぎてしまいます。

2. コントラスト(カラー項目のコントラスト)(Color-Contrast): だいたい限界近くまで下げる(About close to the limit)
 こちらは、限界近くまで下げることによって、肌の日焼け具合をアップさせます。
 調整する量は、時と場合によって、まったく違ってきます。

3. 彩度(Saturation): 上げる(To up)

■ 次に「ライト」(Lihgt-item)の項目で、
4. ハイライト(Highlights): 下げる(To lower)
 ハイライトを下げれば下げるほど、空や風景や肌などの色が、大きく濃くなります。
 ハイライトを少し下げることによって、空や海を青くし、さらに肌の白く飛んでしまった部分の色を濃くして、肌の日焼け感をさらに増します。
 ハイライトを下げることによって、空や海などの明るくて色が薄い部分の色を濃くすることができます。
 色を濃くするためには、彩度項目よりも、ハイライトを使用した方がはるかに有効です。(コツ!/◎重要)

5. ブラックポイント(黒の濃さ/Brightness): 少し上げる(To up a little)
 iPhoneは、黒の締り(黒色が薄い/黒色が本当の黒に近くなる状態)が悪いです。なので、黒を少し上げる必要があります。その原因は、受光素子/CCDがあまりにも小さすぎるためなのです。
 ※ 参考:プロが使う最近の一眼レフカメラでは、このようなことは、ありません!!
 さらに、黒を上げることによって、顔や体の形の凹凸が強調され、彫が深くなります。しかし、黒を上げるのは、女性のお顔にはあまり向かないでしょう。
 ※風景撮影の場合は、このブラックポイント項目を上げると、間違いなくきれいに仕上がります。(コツ!/◎重要)

6. シャドウ(暗めのトーンの部分)(Shadows): 下げる(To lower)
 シャドウ(シャドー/暗い部分)を少しさげると、肌の色が濃くなり、日焼け感が増します。
 しかし、お顔が暗くなりすぎないレベルで調整してゆきます。
 女性の場合や、お顔が暗い場合は、逆に、少し上げて、暗い部分(シャドー)を明るく調整します。(To up a little for Woman portrait)

 ※ココで、さわさわのぉテクニックを紹介!!
 時と場合によっては、ブラックポイントを少し多く上げておき、そのあとシャドウを上げて黒くなりすぎた部分を明るく調整してやると、うまくいくこともあります。
 いろいろな撮影条件によって、結果は異なります。試してみてくださいねん~!

■ 次にもう一度「カラー」(Color-item)の項目に戻って、
7. 彩度(Saturation): 調節する(Adjust)

 ※「カラー」項目のブリリアンス(Color-item-Brilliance)は、時と場合によって調整します(Adjusted by time and case)。
 ブリリアンスは、さわさわわあまり使用することはありません。
 
さわさわは時々、暗い部分を明るくする目的で使用します。シャドウ項目とは、すこし違った感じで画像が変化します。
 ブリリアンス項目は、シャドウ項目(シャドー)によく似ています。
 さわさわがブリリアンスを使用する時は、シャドウ項目をめいいっぱい上げて、まだ足らない時、付け足しでブリリアンスを上げることが多いです。

 ※ 上記の画像補正の順序は目安です。
このあと、各項目を何回もいったりきたりして、微調節してゆきますぅ。。
(Fine-tune each item)

 ※ Apple iPhoneの画面で色補正しております。
  iPhoneの画面の色自体が正確ではありません!
 (iPhoneのモニターは、スマホの中では特に美しく、他のスマホよりは正しい色に近い方ではないかと思いますが)
  ですから、あくまでアバウトな調整のみしか行うことができません。
  iPhoneの画面上での色補正のメリットは、時間短縮 !!ですぅ。。

正確な色補正を行うためには(モニターのカラーマネジメントを行う)ー Monitor Color Management ー

● パソコンを使用して、そのパソコンのモニターをモニターキャリブレーションツール(カラーマネジメントツール)を使用して、正しい色に調節し、それから微妙な色調整をしていかなければなりません。
 モニターキャリブレーション(モニターの色を正確に調整すること)は、まず、モニターキャリブレーションツール(カラーマネジメントツール)のアプリケーションをパソコンにインストールして、そのアプリケーション専用のツール(受光体)を使用して、モニターの色を正しく調整していきます。

● モニターキャリブレーションツールは、プロカメラマンは、「X-Rite」社の「i1 Display」(アイワン ディスプレイ)などを使用している場合が多いです。コチラは業務用です。
 他に有名なものとしては、「Datacolor」社の「Spyder」があります。

● さらに正確な色調整を行うには(プロフェッショナル向け/For Professionals)
 プロフェッショナル向けの、専用モニターを使用します。
 主に広告などのプロカメラマンは、EIZO Corporationの、カラーマネジメントモニターColor Edgeシリーズを使用しています。このシリーズの、AdobeRGBカバー率の高いものを使用しています。

 ※AdobeRGBとは、デジタル映像の色空間のことで、印刷向けにCMYK変換できるようにプロフェッショナルはAdobeRGBモードで撮影します。印刷向けの写真ではない場合は、通常カメラの設定を、sRGBモード(普通はデフォルト設定がコレになっています)で撮影します。(◎重要)

撮影スポット

● さわさわ自撮り写真の、窓の外に海が見えるあたり、伊豆急行線の有名鉄道撮影スポットがこのあたり(伊豆急行線 片瀬白田駅南側の海岸)になります。
↓ ココの南側になります。みなさん、堤防から撮影したり、いろいろな角度で撮影されていますよ。プロカメラマンもです。
ときどきデカい波がきます。波にさらわれないようにしてくださいよん~!

〒413-0304 静岡県賀茂郡東伊豆町白田40

伊豆急行の本社は、伊豆高原駅にあります。その伊豆高原駅の場所も紹介しておきます。
伊豆急行線の本社のある、伊豆高原駅の住所: 〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1183


情報

● リゾート21号(黒船電車やIzukyu KINME Train)は、通常は普通電車です。特急料金や座席指定料金は、通常運行では必要ありません。普通電車としてそのまま乗車できます。
 通常運行では、JR熱海駅~伊豆急下田駅間の運行となります。(JR熱海駅~JR伊東駅の間はJR東日本が運行し、伊東駅~伊豆急下田駅の区間は、伊豆急行の運行となります。そのまま続けて乗車できます。JR伊東駅での乗り換えはありません。)

● 黒船電車のロイヤルボックスは、夏の時期など、イベントにあわせて一時的に連結されることがあります。通常の運行ではロイヤルボックスは連結されておりません!!
 ロイヤルボックスの連結があるかどうかについては、こちらのページを参考にしてください。 → 伊豆急行の「リゾート21号について」のページ
 ロイヤルボックスの連結は、夏の時期にイベントにあわせて連結されることが多いようです。

● リゾート21号は、臨時列車で、黒船電車のロイヤルボックスを連結したりして、「特急リゾート踊り子号」(ウィキペディア Wikipediaのページ)として運行されることもあります。
 主に夏の時期に、臨時列車「特急リゾート踊り子号」は運行されることがあるようです。

● 黒船電車(リゾート21号)やIzukyu KINME Train(リゾート21号)の情報、運行時間や運行日の予定などは、こちらから。→伊豆急行の「リゾート21号について」のページ(Izukyu Co., Ltd. )

About Resort21 train by Izukyu / English

● 伊豆急の運行状況&イベントや観光情報は、こちらから。→ 伊豆急行株式会社のトップページ

● Izu Area transportation,tourism,and Resort21 information.
 English / 繁體中文 / 簡体中文 / 한국어GLOBAL WEBSITE of Izukyu-line

伊豆半島渋滞予想データ

伊豆地域の道路混雑予想データはこちら。
(注意:まず、時間帯や曜日などをセットしてから、混雑予想を表示させてください)

伊豆半島ジオパーク・ジオスポット情報  ー Izu Peninsula Geopark ー

●  伊豆半島ジオパークのホームページはこちら。
●  伊豆半島ジオガイド協会はこちら。
●  静岡大学 小山真人研究室はこちら。
●  Related Link : Izu Peninsula Geopark
●  Related Link : Masato Koyama's Home Page - Shizuoka University


Photographer SawaSawa の Instagram は、コチラ  ↓ ↓
Instagram user name:photographer_sawasawa

Share ● Follow

※このサイトのすべての画像・文章の著作権はSawaSawa Photographyに帰属します。
商用・非商用を問わず、無断転載や複製等は禁止させていただいておりますので、よろしくお願い致します。

コメント ● Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Everything is very open with a precise clarification of the issues.

    It was truly informative.
    Your site is useful.
    Thank you for sharing!

  2. Hmm it looks like your website
    ate my first comment (it was extremely long) so I
    guess I’ll just sum it up what I had written and say, I’m thoroughly enjoying your
    blog.
    I too am an aspiring blog writer but I’m still new to everything.
    Do you have any tips
    for novice blog
    writers? I’d really appreciate it.

  3. What’s Taking place i am new to this, I stumbled upon this I have found It
    absolutely useful and it has aided me out loads. I’m hoping to give a
    contribution & aid different customers like its aided me.
    Good job.

  4. By QUWA(通りがかりのグリーン車好き)

    初めまして。
    いきなりですみませんが、ロイヤルボックス車内の、コーヒーが気になります。
    黒船電車の車両がまだ黒船になっていなかった20年以上前の話ですが、普通列車でも車内販売があり、こうした陶器のコーヒーが出たような覚えがありますが…。

コメントフォーム ● Comment Form

*

送信していただいたコメントフォームの内容は、スパムコメントを排除する為、SawaSawaが文章の内容を確認・認証した後にこちらに掲載をさせていただいております。
尚、大量のスパムコメントの処理をいたしておりますので、宣伝行為や悪質なコメントなどに該当するようなキーワードが含まれていた場合には、コメントは自動的に削除されます。

The content of the comment form you submit will be published after verification by SawaSawa to remove spam comments.






このサイト内のすべての画像・文章・イラスト等の著作権はSawaSawa Photographyに帰属します。
商用・非商用を問わず、無断転載・複製・無断使用等は固く禁じます。



Copyright © SawaSawa Photography All Rights Reserved.