修善寺

伊豆市 修善寺 虹の郷 クリスマスナイトの夢

 


伊豆半島中伊豆の伊豆市修善寺虹の郷のクリスマスナイト

© SawaSawa Photography


わ~~~、、 ゆめのくに~

ここわ地球です。

宇宙人さん見てみてー!!!

こんな星があるなんて、、、すてき~。

こんな星、他にあるのかな~?

宇宙人さんわいるのかな~?

すてきなすてきなよるです。。。

今日わどんな夢見るんだろう~

キラキラキラキラ  ☆彡


撮影テクニック


  SawaSawaの露出の決め方

まずは撮影モードをマニュアルモード/Mにセットします。

次にISO(イソー)感度を、このカメラで最も画質の良い低感度のISO100にセットします。
そして絞り(f 値)とシャッタースピードの組み合わせを決めるわけですが、これらの数値には制限があります。
ISO感度を上げればその分絞りとシャッタースピードの数値の制限は無くすことができますが、ISO感度を上げれば上げるほど画質が悪くなります。
SawaSawaはできるだけ良い画質で撮りたいので、ISOを上げたくないのです。

まずは絞りですが、絞りは被写界深度(ピントの合う範囲)に関係してくる為、手前にあるイルミネーションと遠くの風景とのピントの合い具合やぼけ具合によって決めます。
絞り(f 値)は、絞れば絞るほど(数値を大きくすればするほど)被写界深度が深く(ピントの合う範囲が広く)なり、その逆は絞りを開ければ開けるほど(数値を小さくすればするほど)被写界深度は浅く(ピントの合う範囲は狭く)なります。
しかし、絞りを絞って(絞りの数値を大きくして)ピントの合う範囲を広げようとすると、カメラに入ってくる光の量が減ってしまいます。
したがってその場合、シャッタースピードを遅くして光をより多く画像センサー(イメージセンサー/CCDやCMOSセンサー/撮影素子)に当ててやらなければ露出アンダーになってしまって画像が暗くなってしまうのです。
しかしこのカットでは、シャッタースピードを速くしてやらないと手前のイルミネーションが風でゆれてブレてしまいます。
さらにこのカットでは、絞りのf 値を大きくして絞りをある程度絞ってやらないと、奥の風景にピントを合わせた時に手前のイルミネーションが結構ぼけてしまういます。
この両者(シャッター速度を速くする/絞りを絞る)方向性は、どちらとも画像センサーに当てる光の量を減らす方向ですので、両者とも光の量を減らしてしまうと、画像センサーに当たる光の量が足らなくなってしまい、露出アンダー(画像が暗く)になってしまいます。
この両者(シャッター速度と絞り)のどちらかを妥協して明るくなる方向へシフトしてやらなければならないわけです。
このように、絞りとシャッタースピードの組み合わせには制限があるわけです。
上記の説明のように、ISO感度を上げればそれらの問題は解決することは可能ですが、私は画質をできるだけ下げたくないものですからギリギリの低感度で撮影するのです。

絞りとシャッタースピードは、画像センサー(CCDやCMOSセンサー/イメージセンサー/撮影素子)に一定量の光を当てなければならない為に、その組み合わせは自由にはできないということです。
したがって、被写界深度とシャッタースピードのバランスを考えて露出は決めるものなのです。

上記のような露出のしくみを踏まえたうえで、露出の決定をするには、まずは18%標準反射板(グレーカード/中間調のグレー)の濃度にしたい部分をスポット測光などの測光方式で測定します。
このカットでは、右下の手前の芝生の部分、18%標準反射板と同じ濃度にしたい部分をスポット測光で測光して露出を測っています。
測光したところ、シャッタースピードを8秒にした時に、絞りがf 7.1で測定結果が±0になりました。
シャッタースピード8秒は、手前のイルミネーションがこの時の風でブレないギリギリの値でしたので、シャッタースピードは8秒にしました。
この時絞りはf 7.1が露出の限界です。
f 7.1は、被写界深度が深い(ピントが合う範囲が広い)広角レンズでも手前のイルミネーションが気持ちぼけてしまう値でしたが、このぼけ具合を利用してほんわかした雰囲気をつくりだしました。

※露出の決定について詳しくは、「Photographer SawaSawaの写真教室」(現在作成中)で詳しく説明します。
※「Photographer SawaSawaの写真教室」のコーナーは現在作成中です。

しばらくお待ちください。

■  撮影モードの選択

この時は、絞りとシャッタースピードを自分で決めたかったことと、正確な露出を出す為に、マニュアルモード/Mで撮影しました。

絞り優先オートモード/Aで撮影しても撮影は可能ですが、被写体(写す対象)が発光体である為に、この発光体に露出が合ってしまうので、その他の夜景の部分が真っ暗になってしまいます。
この場合は、露出補正+/- のセットをして自分で明るさを補正してやらなければなりません。

その他の撮影モードで撮影した場合、絞りを自分で決められなくなってしまう為、ピントの合う範囲が自分で決められなくなってしまいます。
したがって他の撮影モードでの撮影は適していません。

■  ホワイトバランス(WB/色温度)の決定

ホワイトバランスは、少し青めの4350K(ケルビン)にセットして、電球色の赤みを生かしつつ、青いイルミネーションをより青く写るようにしています。

■  ピクチャーコントロールの設定

ビビット(VI)に設定して、よりカラフルで鮮やかな色彩にしています。

撮影データ

撮影日時: 12月21日 PM 7:06
カメラ: Nikon D7000
レンズ: AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR(26mmで撮影/35mmフィルム換算値は39mm)
撮影モード: M/マニュアル
測光モード: スポット測光
シャッタースピード: 8秒
絞り: f 7.1
ISO感度: 100
ホワイトバランス: 4350K(K/色温度設定)
ピクチャーコントロール: ビビット
アクティブD-ライティング: しない
画質モード: RAW 14ビット ロスレス圧縮(JPEG同時記録)
高感度ノイズ低減: 強め
長秒時ノイズ低減: する
フィルター: なし
画像処理ソフト:
Adobe Photoshop Lightroom 6(RAW現像ソフト)

画像処理のコツ(RAW現像ソフト 処理データ) ー Adobe Photoshop Lightroom 6 ー

  作成中

 


伊豆半島中伊豆の伊豆市修善寺虹の郷のクリスマスナイトの入口付近

伊豆半島中伊豆の伊豆市修善寺虹の郷のクリスマスナイト赤いイルミネーション

伊豆半島中伊豆の伊豆市修善寺虹の郷のクリスマスナイト夜の店

© SawaSawa Photography

撮影スポット    ー 伊豆ぐらんぱる公園のイルミネーションを紹介 ー

修善寺虹の郷のクリスマスナイトですが、2015年で終了してしまったようです。

2016年は開催されません。
虹の郷に問い合わせてみましたが、2017年以降のイベントの予定はまだ未定なので開催されるかどうかはわからないそうです。
2017年以降のクリスマスナイトが開催されるかどうかは、修善寺虹の郷のホームページを見てください。
●  「修善寺 虹の郷」のホームページはこちらです。

他では、伊東伊豆高原の「伊豆ぐらんぱる公園」で盛大にイルミネーションのイベントが開催されています。
体験型イルミネーション グランイルミ」というイベントです。
是非こちらの方へ行ってみてください。
すごくきれいですよ。
下記場所になります。

〒413-0231 静岡県伊東市富戸1090 伊豆ぐらんぱる公園

入園料金(記事作成時):
 中学生以上1,200 円
 小学生600 円
 幼児無料
※小学生以下の方は、保護者同伴が必要になります。

※基本的に年中無休のようですが、「伊豆グランパル公園の営業時間と営業日」のページで確認をしてみてください。

●  「伊豆ぐらんぱる公園への交通案内のページ」はこちら。

●  電車で行く場合は、
JR「熱海」駅よりJR「伊東線」に乗り、JR「伊東」駅まで行きます。

そしてJR「伊東」駅から「伊豆急行線」で伊豆急の「伊豆高原」駅で下車します。
(昼間はJR「熱海」駅から伊豆急行線の「伊豆急下田」行きが出ており、「熱海」駅から伊豆急の「伊豆高原」駅まではのりかえがなく、直通で行くことができます)
そして「伊豆高原」駅から「東海バス」で約20分で到着することができます。
「伊豆高原」駅からタクシーでは約10分で到着することができます。

●  東海バスのバス停「ぐらんぱる公園」への時刻表と案内は、「乗換案内のジョルダン」の伊豆東海バス伊豆高原駅~シャボテン間バス停案内ページを見てください。
●  東海バスのホームページはこちら。 ← ( TOKAI BUS homepage )

このカットの撮影場所    ー 修善寺 虹の郷 ー

〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺4279−3 修善寺 虹の郷(有料施設)

入園料金(記事作成時):
 大人(中学生以上) 1,200円(税込)
 小人(満4歳~小学生) 600円(税込)

営業時間(記事作成時):
  4月~9月 9:00~17:00(最終入園時間 16:30)
 10月~3月 9:00~16:00(最終入園時間 15:30)
 「もみじライトアップ」などの夜間イベント時は閉館時間が変更になります。
※休園日が結構ありますので、「修善寺虹の郷」のホームページにてご確認ください。

●  「修善寺虹の郷への交通案内のページ」はこちら。
●  電車で行く場合は、

JR「三島」駅から「伊豆箱根鉄道駿豆線」にのりかえます。
約30分伊豆箱根鉄道に乗り、伊豆箱根鉄道の「修善寺」駅で下車します。
そして伊豆箱根鉄道の「修善寺」駅から、東海バスの「虹の郷行き」(6番線)にのりかえて約20分。
「虹の郷」で下車して到着です。
●  新東海バスのバス停「虹の郷」への時刻表と案内は、「乗換案内のジョルダン」の新東海バス修善寺駅~虹の郷間案内ページを見てください。
●  東海バスのホームページはこちら。 ← ( TOKAI BUS homepage )

伊東市伊豆高原の情報

●  伊豆ぐらんぱる公園はこちら。
●  伊東観光協会オフィシャルサイトはこちら。
●  伊東市のWebサイトはこちら。

修善寺の情報

●  「修善寺虹の郷」のホームページはこちらです。
●  「修善寺虹の郷への交通案内のページ」はこちら。
●  伊豆市観光情報特設サイトはこちら。 ← ( Izu city official homepage )
●  伊豆市観光協会修善寺支部はこちら。
●  伊豆修善寺温泉旅館協同組合 旅館&観光情報サイトはこちら。
●  「伊豆修善寺温泉旅館協同組合 旅館&観光情報サイト」の交通案内・駐車場案内のページはこちら。
●  お手洗いは、修善寺の正面にある「独鈷の湯」の南側の対岸の広場にあります。
●  伊豆地域の道路混雑予想データはこちら。(注意:まず時間帯や曜日などをセットしてから混雑予想を表示させてください)
●  東海バスのホームページはこちら。 ← ( TOKAI BUS homepage )

伊豆半島渋滞予想データ

伊豆地域の道路混雑予想データはこちら。
(注意:まず、時間帯や曜日などをセットしてから、混雑予想を表示させてください)

伊豆半島ジオパーク・ジオスポット情報  ー Izu Peninsula Geopark ー

●  「伊豆半島ジオパーク」の修善寺温泉のページはこちら。
●  伊豆半島ジオパークはこちら。
●  伊豆半島ジオガイド協会はこちら。
●  静岡大学 小山真人研究室はこちら。
●  Related Link : Izu Peninsula Geopark


Photographer SawaSawa の Instagram は、コチラ  ↓ ↓
Instagram user name:photographer_sawasawa

Share ● Follow

※このサイトのすべての画像・文章の著作権はSawaSawa Photographyに帰属します。
商用・非商用を問わず、無断転載や複製等は禁止させていただいておりますので、よろしくお願い致します。

コメント ● Comments & Trackbacks

  • Comments ( 248 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Hey there!
    I know this is kinda off topic but I was wondering if you knew where I could get a captcha plugin for my
    comment form? I’m using the same blog platform as yours
    and
    I’m having difficulty finding one?
    Thanks a lot!

  2. It’s difficult to find knowledgeable
    people on this topic, however, you sound like you know what you’re talking about!

    Thanks

  3. And then to have a wretched puling fool,

  4. Is it more sin to wish me thus forsworn,

  5. Hi, i think that i saw you visited my website so i came to “return the favor”.I’m attempting to
    find things to improve my site!I suppose its ok to use some of your ideas!!

  6. My partner and I absolutely love your blog and find nearly all of
    your post’s to be exactly I’m looking for. Do you offer guest writers to write content in your case?
    I wouldn’t mind publishing a post or elaborating on most of the subjects you write in relation to here.
    Again, awesome web site!

  7. This design is steller! You certainly know how to keep
    a reader entertained. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost…HaHa!)
    Fantastic job. I really enjoyed what you had to say,
    and more than that, how you presented it. Too cool!

  8. Fantastic beat ! I would like to apprentice while you amend
    your website, how can i subscribe for a blog site? The account helped me a acceptable deal.
    I had been a little bit acquainted of this your broadcast provided bright clear idea

  9. Thanks so much for sharing the info.

  10. Thanks for the help

  11. This is a very good tips especially to those new to blogosphere, brief and accurate information… Thanks for sharing this one. A must read article.

  12. Here again you want to perform the peaceful game while they are considering about it. For more info and instructions, go to the DuQuoin State Honest Internet site. Soon there were only 6 players left.

  13. Its not my first time to go to see this web page, i am visiting this web page dailly and get pleasant information from here every day.

  14. Hello, of course this article is truly nice and I have learned lot of things from it about blogging.
    thanks.

  15. Neat blog! Is your theme custom made or did you download it from somewhere?
    A theme like yours with a few simple adjustements would really make my
    blog shine. Please let me know where you got your theme.

    Cheers

  16. Quality content is the important to invite the
    users to go to see the website, that’s what this web page is providing.

  17. Quality articles is the crucial to invite the users to pay a quick visit the web site, that’s what
    this web site is providing.

コメントフォーム ● Comment Form

*

送信していただいたコメントフォームの内容は、スパムコメントを排除する為、SawaSawaが文章の内容を確認・認証した後にこちらに掲載をさせていただいております。
尚、大量のスパムコメントの処理をいたしておりますので、宣伝行為や悪質なコメントなどに該当するようなキーワードが含まれていた場合には、コメントは自動的に削除されます。

The content of the comment form you submit will be published after verification by SawaSawa to remove spam comments.






このサイト内のすべての画像・文章・イラスト等の著作権はSawaSawa Photographyに帰属します。
商用・非商用を問わず、無断転載・複製・無断使用等は固く禁じます。



Copyright © SawaSawa Photography All Rights Reserved.